忍者ブログ
[26] [27] [37] [39] [40] [41] [42]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

窓から太陽の光がさしこむのをまぶたの裏から感じた。崇高な気分で、オレはゆっくりと目を開いた。両目から涙がこぼれてつうと頬を走った。内容は忘れたけれど…なにか、悲しいか、あるいは幸せな夢を見ていたらしい。これでぜんぶ、「おわり」。

「早く起きなさーい!」

一階から母親の声が聞こえる。

「わかってるよ!」
適当に返事をし、それでも布団の上から起き上がれず
それというのも全身が酷くだるくて、
それにどんな夢を見ていたのかを頑張って思い出さなければという気がしていたからだ。

「起きなさいって言っているでしょ!遅刻するわよッ!!」
「うるさいなー!わかってるって…」

こうまでノイズが入ってしまっては、もう思い出すことは不可能だ。しぶしぶ顔を洗い、着替え、自分を日常の枠の中にセットしていく。
栄養摂取もそこそこに、
オレは靴をはきながら玄関を出た。

顔を上げ、
目の前に知らない少女がいて、


知らない少女だと…そんなはずはない。
彼女はどこかで会った。

銀髪の少女、

広くもない道路をはさんで、

彼女は小動物のような瞳でオレを見ていて、

とにかく少女と目が合った。

彼女の方も、
オレのことが見たことがあるようなないような、
そんな表情で
あいまいに
ニコッと笑った。

オレはその瞬間。
朝の夢、
それにこれまで見続けていた夢の内容をすべて思い出した。
それから自分が何のために生まれてきたかも思い出した、

オレは少女に伝えなければならないことがあって、叫んだ。
「会ったよ」

彼女は目を見開いた。

「本当に!?」
「そう。会った、マーガレットに」
「どこにいたの!」
「オレの夢の中さ」

少女の期待の表情が怒りに変わって
「からかわないでよ!!」
突進し、殴りかかってきた。
オレは夢の中のように強固な肉体も、すばやさも持っていないので殴られて後ろによろけた。

「ズルい!あんたなんか、私の人形じゃないの!人形が夢を見られるわけないわ!」
などとわけのわからないことを口走り、白い肌が紅潮して、
「非道い、非道いよ…」

少女はぽろぽろ泣いていた。

「どうして、私の夢には現れてくれないの?
 私のマーガレット」

少女の睫毛が午前の風に吹かれて涙がこぼれた。

泣くなよ。胸が苦しくなる。
彼女のためなら何でもしてあげたいのに、その力がないのが悔やまれる。
強くなったはずだったのに。

オレは塀の上から伸びた木の枝をぼきりと折って握った。

木の枝はスラリと長くのび、太陽を照り返す白い剣に変化した。

それを彼女に手渡す。

「君自身が剣を持てばいいさ、アマリリス」

少女は剣を受け取った。

剣はやや細く形を変えて、彼女の手の中に丁度よくおさまった。


オレは剣を持っていない方のアマリリスの手を握って、

「行こう、オレも君を守るよ」


彼女が頷くと、最後の滴が頬をはなれてアスファルトに落ちた。



誰だって夢を見る。ひ弱なゲーマーも、夢の中ならば強い剣士になれる。
臆病なお姫様も、夢の中ならば剣を持てるだろう。


Endia?





PR

コメント
リスタート
優しい光の中。

――結局帰還呪文はダンジョンの中なので使えなかった。
――しかし、私はあたたかな光の中に包まれた。

私は力を取り戻す。
黒乃の時間改変の結果、予想される副作用も無く、
呪詛の伝染も無く、
身体は至って健康で。

女神の声が聞こえる。
この世界を支配する概念たる剣の女神。
私を祝福する内容のことを言っている。

しかし意識は遠のく。私は深い眠りについた。



(起きろ。勇者よ。)

気がついたら、目の前には門番のいない門。

「・・・ぁー。ぁー。」
私の口からかすかな声が出る。
長らくしゃべってなかったせいだろうか。声がうまく出せない。
そして身軽になった気分だ。
心の中に居候していたあらゆる何かが消えた気分である。
運命、心に刻まれた逆らえぬシナリオ。魔王討伐の使命。

(俺の役目もお前の役目もこれで終わりだ。ご苦労だった。)
心の中で問いかける。あんただれ?天の声さんよぉ。
(それは、秘密です。)
心の中にまた一つ空間が出来た。天の声の消滅である。

さて、私を縛るものは何一つ無くなった。
目の前には門がある。

私は門に背を向けると、
お城の近くのジャングルに向かって歩き出した。

旅はなんだかんだ言って楽しかったのだ。
今度は呪われた勇者じゃなく自由な旅人として、
旅を楽しんでやる。

私は、この世界が好きだ。

Endia...?



------------------
ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

アマリリス編、ちょっと期待してます。
【2009/07/07 16:22】 NAME[ジオK] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/08 N.M]
[07/08 N.M]
[07/07 ジオK]
[07/07 ジオK]
[05/27 ●野 啓(by clown)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析