忍者ブログ
[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あなたが道なりに進んでいくと―――木々の密度は徐々にばらついていた―――
街に出た。

道行く人に尋ねる。
「ここは始まりと終わりの町 ナメツグです
 町の名前には親切な占い師 という意味があります」

「情報を集めたければ酒場に行くといい」

「宿屋は町に入ってすぐ。酒場はその隣だ」

町の名前の通り親切な村人に案内されて、酒場へとやってきた。
とりあえず飲み物を頼んだ方がよさそうだ。

マスター
「何を飲みますか?
  お湯割り梅酒
  ビール
  芋焼酎
  ホットチョコレート 」



隣に座っていた客
「なんだって?
 このへんに強い奴はいないかって?
 強い奴を倒したい?フン。
 それなら町外れの黒い城にラスボスが住んでるよ」
「え?ラスボスはラスボスだよ。」
「そりゃあ、強いさ。ラスボスが倒れればゲームは終わるものな。
 当たり前のことを聞くなよ
 強い奴を倒したいんだろう?
 じゃあさっさと行って倒して来いよ。」
「倒せるものならな
 ああ、さっきも、いたよ。
 そいつの居場所を聞きに来たお馬鹿さんが」
「少なくとも、あんたよりは強そうだったさ」

「こう言っていたよ。」
「『折れない剣はあやかしの剣になど負けない』」
「あんたの剣は…
 …どっちだろうね」







次の剣獣と戦う(マダー)




PR

コメント
二周目もそう遠くはなさそうだ
「ラスボスねぇ。最近じゃおまけがあるのが当たり前だし
 ラスボスなんて中ボスの一種でしかない、ってどっかの泥棒が言ってた。俺ビールね」
「これがそうとは限らないんじゃないの? 私ホットチョコね」
「その折れない剣を持ってるやつがおまけボスだろ。爆裂四散させてやる」
「途心100とかだったらどうするのよ」
「そりゃ二周目以降の強くてニューゲームで」
「そんなものないわよ、多分」

えぬえむステータス
5/0/0/5/速熱(青)
10/0/0/5/速護熱衝衝絶(計)
赤23ゴリラ1
【2009/01/27 07:52】 NAME[N.M] WEBLINK[] EDIT[]
無題
JuN「折れない剣…そう…剣…
どうしよう!剣なんて持ってなかった!
剣師だというのに今までずっと持ってなかったんです!」
客「どうしたんだい、急に」
JuN「青汁をください…今はそんな気分です」
マスター「ちゃんとメニューを読みましたか」
JuN「…ではホットチョコレートを」

客「どうした、震えてるじゃないか」
JuN「(僕は甘いものが苦手なんです…!
でもチョコレートは近年健康に良いといわれるし、
なにより同年代の子どもたちがおいしそうに食べています!
だから今から好き嫌いを克服しようと…)」
客「まさか、その震えは…」
JuN「そう、武者震いです。これから強敵と戦うんですから」
マスター「はい、熱いので気をつけて」
JuN「ひゃあ、やっぱり怖い!怖い!甘いの怖い!」
青8<20/0/0/2/死盾>
+緑5<30/0/0/2/死死回4鏡盾>(残り24)ゴリラボーナス:1
【2009/01/28 19:56】 NAME[s_sen] WEBLINK[] EDIT[]
ラスボス
デコ「ラスボスか…、第一形態ぐらいは倒したいな」
デコ「マスター、モズクとワカメスープください」
デコ「えっ、無いの?じゃあ梅チュ」

成長後(まだいじるかも)
青10<10/0/3/2 死護護>
+緑5<10/0/3/3 速死鏡護護鏡鏡>
(赤残り6)

------------------------------
【大予想!(情報操作)】
「飲み物飲んでパワーアップ」
お湯割り梅酒   …魔法剣追加
ビール      …命の剣追加
芋焼酎      …蟲毒剣追加
ホットチョコレート…回復剣追加

もしくは
「お酒を飲んだ人は酔っ払って能力ダウン」とか
【2009/01/30 11:48】 NAME[アスロマ] WEBLINK[] EDIT[]
亡霊には消化器官がない。
亡霊マリイ
「え、飲み物……ごめんなさい、飲めないんです。邪魔になったら悪いですから、もう行きますね」

 “折れない剣”とはリミテッドではない剣のことだろうか。気になったがポイントの振り替えはしなかった。
【2009/02/01 14:31】 NAME[luitomo] WEBLINK[] EDIT[]
彼は字を知らなかった。
「これ、ください」
彼が適当に指さしたのは芋焼酎だった。水割りでいいかな、と訊かれたので適当にうなずいた。
「お嬢ちゃん、大丈夫? この地方の酒はちょっと強いので有名ですよ」
「(よくわからないけど)平気だよ。あと、ぼく、男」
グラスに口をつけると、お神酒に似た香りがした。祭りのときには、半分を彼らの信仰する壁に捧げ、残り半分を村の大人が等分する習慣があった。
うん、平気。ぼくは鷹も狩れる。このあいだはゴリラも狩った。もう大人と対等だ。だから飲んでも大丈夫だ。
ヒカベは自分の中で納得し、酒を一気にあおった。

これまでにない高揚を覚えて店を出た。ぼくは強い。村を出たときよりも強くなった。守って守って矢で仕留めるなんて悠長だ、こちらから倒しにかかってやる。

その感覚が、単なる悪酔いによる勘違いであること、そして一般的には慢心と呼ばれることに、彼は気づかない。

青10<15/0/3/1/死鏡鏡>
+緑5<15/0/3/1/死速魔鏡魔鏡魔鏡>
【2009/02/01 19:29】 NAME[ミュー] WEBLINK[] EDIT[]
せんたくし
彼はまだ十六歳なので酒は飲めない。それでも、
→ホットチョコレート
はいといいえ以外の事を喋れるのは、うれしかった。

青8<20/0/0/2/速熱>
+緑5<20/0/0/4/速護熱衝絶>
赤ボーナス残量:24
ゴリラボーナス:1
酒場にいる。

――See you next stage.

パラの振り替えはなしで。
【2009/02/03 16:39】 NAME[ジオK] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/08 N.M]
[07/08 N.M]
[07/07 ジオK]
[07/07 ジオK]
[05/27 ●野 啓(by clown)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析